• 極む!ファシリテーターズ・ガチキャンプ

    【平成最後の初春編】

    ツワモノ達が本気で技を披露し合い、磨き合う。インストラクション&ファシリテーションで突き抜ける2日間

    2019年1月6〜7日@代々木オリンピックセンター

  • 開催概要

    昨年の東京本編、夏の大阪☆petit編を経て、さらにパワーアップして帰ってきた、

    ベテラン講師から新進気鋭のファシリテーターまで、

    「イケてる」みなさんを集めて、「技の磨き合い」をする会です。

     

    今回、講師を担当される方々には、

    自己紹介、アイスブレーク

    『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』のファシリテーション

    などのパートを実演していただきます。

     

    ウワサのあのインストラクター/ファシリテーターは

    どのようにその「技」を磨いて、今のスキルを身につけたのか、その現場を大公開します。

     

    受講者としてご参加の皆さんは、

    クラウドファンディングの大成功をもって、ますます盛り上がりを見せる金沢工業大学発の

    『THE SDGs Action cardgame「X(クロス)」』

    各プロフェッショナルのファシリテーションのリレーでフルに体験できます。

     

    各プロフェッショナルは自身のファシリテーションを

    ワークショップを可視化する「F2LOモデル」をベースに、その秘密を大公開

     

    さらに、同じパートを2人のファシリテーターが連続して行うことで、

    他ではなかなかみることのできない「リアルタイム比較」でメタ認知していきます。

    どこまでが誰もが取り入れることのできる「プロ共通の技」で、

    どこからが「ならではの個性」なのかも審らかにします。

     

    ※ F2LOモデルとは
    Fは「ファシリテーター」を表し、Lは参加者である「ラーナー」 を、 O は 「WS での作品や作業又は道具や素材」 を表している。 2Lとは、2人のラーナーのことであり、 ラーナー同士のコミュニケーションを成り立たせるために必要最小限の関係として表している。2Lがコミュ ニケーションを活性化しつつ、 O の表現を積極的に取り組み自分達のものにしながら活動していくプロセスを、 このモデルによって捉えていく。

    (ワークショップにおける学びの観察ツールのデザイン [日本デザイン学会 第59回大会発表論文集 ])

     

    2日間参加を強く推奨しますが、どちらか1日だけの参加も可能です

    (備考欄にお書きください。また、その場合でも参加費の割引はありません)

     

    講師の枠も1〜2名まだ募集中ですので、「我こそは」と思われるインストラクター/ファシリテーターの皆さまは備考欄にお書きください。「講師枠」での参加は無料です

    本セミナーの受付は終了いたしました。

    最新情報は下記リンクよりお申込みいただけるメールマガジンにて

    配信させていただいております。ぜひお申込みくださいませ。